ドラマ

ハケンの品格2はつまらない?イライラする時代錯誤なストーリーがやばい!

ハケンの品格2,大前春子,篠原涼子

ハケンの品格が13年ぶりに帰ってきましたね。

伝説のスーパーハケン・大前春子の活躍ぶりは相変わらずです。

しかし、前作から時代が変わっているにも関わらず、なかなかに時代錯誤なストーリーや登場人物の発言にイライラする視聴者も出ているようで…。

どんなところが皆さんのイライラポイントになっているのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

 ハケンの品格がつまらない?イライラポイントはどこ?

時代錯誤感がすごい

ハケンの品格の初回シリーズが放送されたのは2007年。

それから13年、世間のコンプラ意識も高まり、ブラック企業に以前よりも厳しい目が向けられるようになってきていると思いますが…。

そんな令和の時代に帰ってきた新「ハケンの品格」、かなり昭和チックな設定が目にとまります。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 派遣社員にお茶汲みをさせる
  • 正社員がほぼ男性しかいない
  • 派遣社員のことを名前で呼ばず「アンタ」「君」呼び
  • 資料は紙で配布
  • 正社員と派遣社員で社食の値段が違う(派遣社員の方が数百円も高い)[/list]

などなど。

そう言った会社もまだ存在するのかもしれませんが、正直いつの時代?という印象は否めませんね…。

人事部主任からのセクハラを派遣の福岡さんが目安箱に訴えた結果、人事部全体に呼び出され、

「セクハラを受けた人が笑顔で愛想を振りまいて普通に出勤しているなんておかしい」

とありえない言葉をかけられるなんて場面もありました。

その後チェーンソーで大前さんが助けてくれましたが。笑

社長や部長がただただ嫌なヤツ

ハケンの品格,塚地武雅,上司,イライラする

ドランクドラゴンの塚地武雅(つかじむが)さんが演じる、営業事業部の部長。

案の定、自部署の派遣社員のことをアンタとかとか呼んでます。

偉い人と部下や派遣に対してとる態度もあからさまに違いすぎたり、大前さんに大事な仕事を丸投げしがちで、仕事ができるのかも謎…。

社内政治だけで昇進したんだろうなという人物ですw

さらに、このトップがいてこそこの人が部長に上がれるような会社になるのね…と思わせるのが伊藤四郎さん演じるS&Fの社長。

「同一労同一賃金は建前」と言っちゃったり、「社員がちゃんとしてないからスーパー派遣なんかに頼るようなハメになるんだ」的なことを言っちゃってました。

社長がそんな発言しちゃアウトですよね…。

しかも、入っているビルや社内の様子を見ていると、中小企業ではなくそれなりの大企業なので尚更やばいです。

ハケンの品格,伊藤四郎,上司,イライラする


スポンサーリンク

新卒正社員と新米派遣にイライラ

ハケンの品格,新入社員,杉野遥亮

地味にイライラポイントになっているのが、

新入社員の井出くん(杉野遥亮)や、
大前さん以外の派遣社員・福岡さん(吉谷彩子)と千葉ちゃん(山本舞香)。

井出くんはやる気0かつ常識に欠けるところありで、なぜか夜の社食で副業のYouTube動画を撮り、その動画に写り込んだ冷凍庫おじさんのせいで炎上の原因を作り出した超本人でした。

にも関わらず、全く反省してない様子に、これまたイラつく視聴者もいたようです。

大前さん以外の派遣社員の2人も、そんなこと言ったらまた部長に「これだから派遣は…」って言われちゃうよ〜ってことを言ってしまったり。

ハケンの品格,山本舞香

福岡さんは頼まれたら断れない性格で、「動画撮影したのは私です」と馬鹿正直に言ってしまう不器用さや空気読みすぎなところがあったり、

新米派遣の千葉ちゃんは良かれと思って頼まれていない正社員の仕事をやってしまったりちょっと空回り気味(結果企画が認められたのはすごいけど)…。

意外にも、社長や上司意外にもイライラポイントがあったようですね。。

大前さんに頼りすぎな正社員にイライラ

ハケンの品格,塚地武雅,上司,イライラする,大前春子

大前さんは特Aランクのスーパー派遣なのでそこらへんの正社員よりも全然仕事ができちゃうのですが、それゆえに困った時だけ上司たちに重要な仕事を任されます。

「会社の考えや社を代表して何かを言い切れるのは社員だけ!」と言っていた部長も、大事な商談を大前さんに丸投げして契約とれたぞー!とフロアで大喜びしたり、

大手蕎麦チェーンへのプレゼンを以前そこで派遣として働いており経営陣ともパイプの太い大前さんにやらせたり

結局大前さん頼みなんです。。

大前さんは「契約更新はしない」ので、いなくなったらどうなっちゃうのか心配…。

小泉孝太郎さん演じる里中課長は派遣さんの理解者ですが、確かに彼も大前さんに頼りがちです。笑

スポンサーリンク

 ハケンの品格は最後まで見る?大泉洋の東海林さん登場に期待の声!

ハケンの品格,大前春子,東海林,大泉洋,篠原涼子,小泉孝太郎

イライラする時代錯誤な設定やストーリーに「もう見るのやめようかな」「前作の方が面白かった」と言っている方が目立ちますが、

第4話以降は大泉洋さん演じるくるくるパーマの「東海林(しょうじ)」さんが帰ってくる!ということで、そこに期待をかけている方も多いようです。

東海林さんは、第1シリーズで大前さんが派遣された部署の主任だった人物で、派遣への差別的な扱いも最初はあったものの、大前さんには徐々に心を許し、なんとプロポーズまでしたことがあります。

ムカつく発言も多かったものの掛け合いが面白く、なんだかんだ視聴者に愛されていたキャラクターですね。

おそらく登場人物たちのイライラ発言はまだまだ出てきそうですが、会社が変わる時はくるのか?東海林さんは今後どんな形でストーリーに関わってくるのか?にも注目してみていきたいと思います。

スポンサーリンク